[小説] 終焉ノ栞 レビュー

いくつかの都市伝説の話が出てくる小説。

ある日突然「終焉ゲーム」がはじまり、4人の少年少女が巻き込まれる。
ゲームを終了させるには謎の手紙に書いてある命令に従い、都市伝説を完成させなくてはならない。

章ぞとにに4人の視点で描かれていて、それぞれのキャラクターの感情、個性が
恐怖と共に滲み出ていて良かった。

ただ同じ時間を4人の視点で描いている所を強調しているのか、
まったく同じ会話シーンの描写が何度も出てくるので飽きる所があるのが少し残念だった。

読み進めていく内に謎が少しずつ解けていく所がおもしろく、楽しんで読むことができた。

都市伝説が好きな人にはオススメしたい作品だ。


0 件のコメント:

コメントを投稿