【漫画】バイオハザード~マルハワデザイア~ 4巻 までの感想

ゲームのバイオハザードシリーズを原作としている漫画。
主な舞台となるのはアジア最大の名門校・マルハワ学園。
この学園内でのゾンビパニックが描かれている。

主人公は大学2年の男で、戦闘訓練を受けたわけでもないのに
ゾンビに立ち向かっていく所が3巻位までで、
ゾンビにいつやられてもおかしくない状況が読んでいて
スリルがあり、おもしろい。

また、学園の裏の顔、登場人物の過去など徐々に明らかになっていく
謎が読んでいて飽きさせない。

4巻ではBSAAメンバー(国連管轄のバイオテロ対策組織)が学園に到着し、
緊迫ある戦闘を繰り広げる。
読んでいてスカッとする場面があり楽しく読めた。

5巻にも期待したいと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿