PSP ダンジョントラベラーズ2 感想その2 エンディングを迎えて

プレイ時間約50時間。
ようやくエンディングを見ることができた。
終盤のダンジョンは見えない壁や罠、ワープなどの仕掛けが多数あり、
強力なモンスターがわんさか出てくる中、
ボスまで辿りつくのにかなり苦戦をしいられる。
ボスもこれもまた強力で、「こんなのに勝てるの?」と何度思ったことか…。

その分こちらの戦力の構成や強化といった事を楽しく試行錯誤できたのがとても面白かった。
特にストーリーが進むにつれ、モンスターが強力になっていく分、こちらの装備も強化できる点が
良かった。
基本的な装備は合成して強くすることができるのだが、その材料がモンスターから作成した
封印書で、モンスターによりその封印書で付加される能力が違う。

まずは封印書を作成するのに同じモンスターを9体倒す。
封印書ができるまで、何の能力が付いているかわからず、なかなか倒せない敵の封印書程、良い能力が付いているので封印書を作成する作業に夢中になることがしばしば。

そして鍛冶で装備品に、どの封印書の能力を付けて強化するかがプレイヤーの腕の見せ所になる。

この作品の終盤のボス戦で自分が思った攻略法としては回復アイテムを惜しみなく使う事だろう。
魔法は唱えるまでに時間が掛かる為、すぐに使えるアイテムが重要になる。

そして、エンディングを迎えた後、「ここからが本番」と言われてしまった。
やり込み要素があるのもこの作品の良いところだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿